contact login

Blog | アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog

生活道具の移り変わり。

ASTON GARRET ROOM MOVING SALE開催中!!

 ※Web上ではセール価格が表示されておりません。気になる商品はお問合せ下さい!

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

こんばんは、冨澤です。

今日はオーナー含めスタッフ3人とも

服の上下カラーがお揃いになってしまい大分ニヤニヤした一日でした(笑)

 

今日は映画の中から印象的だったシーンをご紹介!

「真珠の耳飾りの少女」

 

41ERQ2DHQFL

 

画家 フェルメールの作品 ”青いターバンの少女” が描かれるまでのストーリー。

(小説を基にしたフィクションです)

1660年代のオランダの人々の当時の生活が丁寧に描かれていて、

ストーリーもさながら、映像と当時のインテリアにうっとり。

 

中でも印象的だったのが、洗濯シーン。

 

大きな鍋に洗濯物を入れて、煮込み終わったら、

洗濯物を2人がかりで端と端をもってギューッと絞るんです。

 

脱水機能が付いている洗濯機が当たり前の現在。

 

こうしたらもっと楽になるのに、とか

こうしたらもっと生産性が上がるのに、とか

そんな考えが生まれることで性能は上がっていくんですよね。

うん、感慨深いです。

 

 

今日はそんな手絞りから少し性能が上がった洗濯アイテムをご紹介。

 

写真 2019-06-04 14 29 34

 

これは「洗濯ものを絞る機械」なんです!

機械といっても手回し。

 

写真 2019-06-04 14 30 02

 

挟んで、この鉄のハンドルをグルグルまわして絞っていきます。

1900~1920年代オランダ製のもの。

 

写真 2019-06-04 14 30 25

 

この鉄のパーツ達。ディティールがどれも個性的な形をしていて

もう、、、ずっと眺めてられます。

 

 

写真 2019-06-04 14 29 40

 

文字をみると、5年保証とでかでか書いてある。

以外と手厚い。

 

40b1e1ef5038a98c67e976fcee38e021

 

 

当時はこんな風に使われていたそうです。

手絞りから機械へ。

この当時の人たちが今の洗濯機を見たらどんな反応するのでしょうか、、、

 

年代物という事もあって、

実際使うにはかなり回すのがきついのですが、

この木の風合い。飾って細かいパーツも眺めてほしい。。

 

ぜひ実物ご覧あれ!!です。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page