contact login

Blog | アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog

ふるいものの修復。

**お知らせ**

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

・Point No.39はお盆期間も通常営業しております。(毎週水曜定休日)

・Point No.39に併設しておりますSUNAO COFFEEは 8/7(水)~8/15(木) 夏季休業となります。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

 

こんばんは、杉村です。

今年のお盆休みは長かったですね。なぜか自分もつられて休みボケしております(^^;)

明日からは法人のお客様も日常に戻りますからね。

ここからは怒涛の製作&納品祭り。。。

 

嬉しい悲鳴です(^^)

 

さて、今日は椅子の修復作業の様子を。

 

point_no39_chair_repair

 

このスクールチェア、成型合板で作られているので

古い物だと座面や背もたれが波打ったり、はがれたり。

 

point_no39_chair_repair

 

他にも何か所か修復された跡があって、なかなか愛着がわく

1脚なのですが、座面前面中央に剥がれが。。。

 

同じような板を持ってきて接着&研磨作業。

削り終わった物が下の画像。

 

メンテナンス全体画像

point_no39_chair_repair

 

ぱっと見は分からないんですけど、よく見ると分かりますね。

もちろん座面自体を新しく交換する。とか

表面の合板一枚を交換する。なども可能ですが、

基本的にPoint No.39の修復は、「古い物の雰囲気」を残す事にしています。

 

ビンテージならではの独特な塗料のハゲ、修復痕、キズ。

残していい所とダメな物の境界は難しいですが、そこは

古い物と長らく付き合ってきた弊社スタッフの裁量により、

より良い品へと仕上がります(^^)

 

最終的に表面に塗料やワックスを塗布して、

こんな表情に生まれ変わります。

 

point_no39_chair_repair

point_no39_chair_repair

 

これにて完成。

 

今回もいいもの残せました(^^)

 

それでは、また。。。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page