contact login

CUP BOARD Maintenance アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> CUP BOARD Maintenance

CUP BOARD Maintenance

**お知らせ **

・Point No.39、Point No.38、Chambre de nimes BROCANTE 3店舗は水曜定休となります。
・French country「Chambre de nimes BROCANTE」 も仲間入りです。どうぞ宜しくお願い致します。
一部商品値下げのお知らせ。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

写真 2018-06-07 18 46 29

こんばんは!タカハシです

最近は日の出ている時間が長くなりましたが

やっぱりあっという間に時間が過ぎてしまいます…

 

先日は思い立って名古屋へ弾丸で行ってきたのですが、

和ものからヨーロッパの家具や小物の揃う

行きたかったアンティークショップ屋さんにも行くことができました!

面白いものがたくさんあって、わくわくしてしまい、気付けば2時間ほど滞在してしまいました…

お店に学べるものも沢山あって、よい刺激にもなりました^^

 

tmsbP9EQ-0t9rnG8HMupRjRxaxDQL6qJM4hWLwDFUBrKyF3ctjD12Wdlmd6tTt7DVaKzXzuGnp-kxwJLNN3rnEBypU5WscJJ6aqDD5SeIA=s4032

さて、今回は旅行日記!ではなく

カップボードのメンテナンスについてです

 

こちらはヨーロッパで買い付けてきたものなのですが

天板に小傷や輪シミがあったり、

 

中板が浮いてしまう状態だったり、

天板を持ち上げると謎の浮き方をしたり

どういう経緯でこの様な仕様になっているのか…?と

こちらもまだまだ勉強できることも沢山で、そんな疑問に出会える事も楽しみの一つです。

 

写真 2018-06-07 19 53 22

写真 2018-06-05 16 46 44

 

天板の裏側を覗くとリングフックが付いており、

リングの中に釘を刺して天板を固定していたようです。

 

引き出しも本体に比べて、小さく作られており

どこまで入ってしまうの!というくらいに奥まで入ってしまうので、

 

引き出しは端材を付けて奥まで入らないように、

天板は浮かないように圧着して固定させました。

 

写真 2018-06-07 18 49 10

写真 2018-06-07 18 49 15

 

天板に合ったシミや傷も一度塗装を落としてクリーニング後

色を入れ直し、最後に全体をワックスで磨き、仕上げて色合わせをしました。

塗装が上手くいくと自然と「うん、良い!」と漏れてしまいます^^

 

 

ご購入頂いてから、お客様へ配送の納品などになると

なかなどのようにメンテナンスをしました!というお話はできないので

 

家具のメンテナンスは店頭で気にいって頂けた家具が

もっと好きになって頂けるように

しっかりと送りだすぞ!の気持ちで行っております。

これからもまた長く使っていただけますように!

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page