contact login

Folding Chair Repair. アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> Folding Chair Repair.

Folding Chair Repair.

*お知らせ**

[Point No.38] 住所:東京都目黒区下目黒4-11-22 TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

・自転車店頭在庫に関してのお知らせ

・PRICE DOWNのお知らせ

・納品事例:S様邸

・納品事例:H様邸

・納品事例:OISEAU BLEU (オワゾブルー)@山形市

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

04031609_58e1f53021db0

 

こんにちはサナシンです。

 

Point Noでは、色々な形のFoiding Chairを取り扱っていて

ビンテージで折り畳み式という事もありほとんど物に

グラつきがあります。

 

折り畳み式なので、可動する為にフレームに遊びは必要ですが

必要以上にグラついている場合は、再圧着を行っています。

 

ただ、通常の椅子とは違いがっちり圧着してしまうと

折り畳み時にうまくいかない場合もある為、フレームの変形を

見極めながらの作業が必要です。

 

写真 2017-07-25 19 39 53l

 

いくつも直してきましたが、その中でどうしても気になる疑問があります。

画像にある様に可動してはいけない場所の接合部分に

必ず釘が打ってあります。

 

今まで扱った事のある物で、打ってなかった物が無いので

釘が打ってあるのがオリジナルなのかそれとも使っていく上で

抜けない様にする為に、打ってしまうのかが疑問です。

 

流石にデッドストックは、見つからないと思いますので

図面などが見つけて答えを出したいです。

 

写真 2017-07-25 19 39 35l

 

写真 2017-07-25 19 39 43l

 

Vintage Chair

 

椅子によって圧着出来る箇所は、違っていて

間違った場所を圧着してしまうととても大変な事が起こる為

事前の確認は大事です。

 

ここまで作業を行っていてもある程度は遊びがありますので

実際に店頭で座って確認してみてください。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page