contact login

”Kerr” Mason Jar !! アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> ”Kerr” Mason Jar !!

”Kerr” Mason Jar !!

 

20154519563.jpg

こんばんはカスヤです。

満開だった桜もあっという間に葉桜になってしまいましたが、

配色と香りから桜の木を見るたびに桜餅を連想して独り楽しんでおります。

さて本日は、最近街中でも頻繁に見かけるようになったガラスジャーのご紹介です。

ガラスジャーはメイソンジャーとも呼ばれますが、今回は以前ブログでご紹介しましたボール社のものではなく、

Kerr(カー)の物をご紹介します。

201545195628.jpg

一口にメイソンジャーといっても、容量・蓋の形状・瓶の形状など様々ですが、

衛生面から使い捨てのように蓋を取り替えるので、古いものとなるとジャーと蓋がセットの物が少なくなってきます。

容量(16oz・8oz)も異なりますが、蓋のデザインも異なります。

201545213314.jpg

見た目はほとんど同じデザインですが、良く見るとロゴの形が少々異なります。

201545213453.jpg

Ball社の物ほど変化ありませんが、「e」の丸みと「r」の広がり具合が異なります。

201545213551.jpg

20154521368.jpg

シンプルなメイソンジャーを彩るのが蓋のデザイン。

中にはKerrの物にBallの蓋がついていたり、フルーツの柄の物など様々です。

本国では、オリジナルの蓋を作ることが出来る会社もあるみたいです。

201545215649.jpg

Kerrブランドが発明した物が二つあり、

ひとつは、ワイドマウスと呼ばれる容器内部と蓋のサイズがほぼ同じの物を発明!

もう一つは、セパレートする蓋。

蓋の側面と上面が分かれるようになり、上面側にはゴム製のシールが付いているため、密閉することも出来、

使用後は新しいものに取り替えることが出来る(衛生面から)という優れものです。

亜鉛製の蓋は食品には使いづらいですが、セパレートタイプの物であれば、

蓋を新しいものに交換すれば、ヴィンテージジャーに食品を入れてキッチンを彩ることができます!

しかしながら、KerrのジャーはBall社に買収されるという結末となっており、新品のジャーはBall社の方が入手しやすいです。(少なくとも日本では)

メイソンジャーをお探しの方はBallのものとは一味違うKerrのものご検討してみてはいかがでしょうか。

ではまた。