contact login

Oak Square Table. アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> Oak Square Table.

Oak Square Table.

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620

Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

【NEW ARRIVAL 2016】 商品一覧はこちらから

・年末年始 営業日のお知らせ

・納品事例:世田谷区代田 住宅

・納品事例:9灯&6灯 Chandelier

・納品事例:神田鍛冶町(GEMS神田)

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

写真 2016-12-24 15 27 13l

 

こんにちはサナシンです。

 

今回入荷したアイテムは比較的に状態が良い物が多く

大がかりなメンテナンスが必要な物はそこまで多くは無かったのですが

こちらのテーブルは、グラつきがひどかった為早急にメンテナンスを行いましたので

ご紹介致します。

 

写真 2016-12-24 15 30 40l

 

写真 2016-12-24 15 31 00l

 

写真 2016-12-24 15 31 18l

 

グラつきの原因を探る為、裏返しにして各部をチェックした所こちらの

テーブルは、ホゾ組やダボでの固定ではなく天板、脚、全ての箇所がビス止めになっていました。

ゆるみが原因でグラついているかと思いすべてしっかりと締め付けてもグラつきは取れませんでしたので

分解してビス+ボンドでの固定にします。

 

写真 2016-12-24 15 27 33l

 

写真 2016-12-24 15 34 15l

 

分解する前にもとに戻せる様にそれぞれのパーツに番号を振り分けて

後で同じ様に組めるようにします。

 

全て分解した所ですが、やはり簡単に分解ができましたので

当時はノックダウン式で販売されていた物なのかもしれません。

細部を確認してみたところもしかしたらこちらは、天板が違う物で

現在の物は後で製作して組み付けられた可能があります。

 

だからといって雰囲気が損なっているという事は無く

むしろ当初の物が雰囲気に合っていなかった為に後から天板を

変えたのかもしれません。

 

写真 2016-12-24 15 35 25l

 

写真 2016-12-24 15 35 33l

 

外してみるとノリの跡がありますので、ビスのみではなくノリも

使用されていたようですが、古い物の為剥がれてしまいグラついていた様です。

 

今回はボンドを使用して組み付けますので、ちゃんと接合出来る様に

固まっているノリを除去していきます。

 

写真 2016-12-24 17 01 11l

 

写真 2016-12-24 17 01 26l

 

大きな塊を剥がして、ペーパーで表面を滑らかにする所まで

脚、天板、トンボ貫部分すべて行います。

 

ここでしっかりと除去されていないとボンドを使用した際に

しっかりとくっつかず圧着作業そのものがやり直しになる可能性があります。

 

写真 2016-12-24 17 30 17l

 

写真 2016-12-24 17 31 27l

 

まずは脚から組み付けていきますが、ビスのガイドがあるので位置出しも

容易で、ボンドが固まる前にはみ出してしまったボンドをふき取ります。

このふき取り作業は、固まる前に行う場合と圧着完了後に固まった物を

剥がしていく場合がありますが、私は固まる前に行います。

 

固まった後の場合、うまく取れず塗装を傷つけてしまう可能性がある為です。

 

写真 2016-12-24 18 41 33l

 

最後に天板を組み付けて完了となります。

 

後はこのまま一晩置き、明日クランプを取って

グラつきが取れたかを確認します。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店