contact login

Stool Repair. アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> Stool Repair.

Stool Repair.

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

 

・年末年始の営業時間についてはこちらから

・新入荷の商品はこちらから<NEW ARRAIVAL

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

 

写真 2016-02-07 19 24 07l

 

こんにちはサナシンです。

 

本日は、Stoolのリペアをご紹介致します。

座面の状態とフレームのやれ具合が相まって

雰囲気のあるスツールなのでこのままでも販売可能なのですが

所々にぐらつきがある為、ビンテージ特有という範囲を超えていますので

分解して清掃、再圧着を行います。

 

写真 2016-02-07 19 27 09l

まずは、座面を取り外していきます。

座面は本体とビス止めになっていますので

簡単に取り外しが出来ましたが、取付穴とビスの数があっていない為

メンテナンス用にとってあるビスの中から探して全て揃えます。

 

写真 2016-02-09 19 22 19l

 

分解は、ほとんどの箇所が外れかけていましたので

思ったよりも早く進められました。

ただ、ダボが数か所折れていましたので

新たにダボを入れ直す必要が出てきました。

 

写真 2016-02-09 19 23 36l

 

分解後は、全ての接合部分についている接着剤の除去を

進めていきます。

基本的には、穴の中までしっかりと行います。

 

写真 2016-02-09 19 22 50l

 

組み立て時に分からなくならない様に

印を付けます。

この印を付け忘れると、圧着時に困るというのもあるのですが

ビンテージ品は、木材が変形していたりする場合が多い為

同じ角度、同じ向きと分解時と全く同じ様に戻さなければいけません。

 

次回は、仮組からの微調整と圧着をご紹介致します。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 →Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店