contact login

Transformation of Phonograph !! アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> Transformation of Phonograph !!

Transformation of Phonograph !!

 **お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

2/16(Tue) 発売雑誌 【2nd(セカンド) 2016年4月号 Vol.109】にて紹介されました。

2/10(wed) 発売雑誌 【CLUEL homme vol.6】 P136にて紹介されました。

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

写真 H28-03-06 20 06 23

 

 

こんばんはカスヤです。

 

3月最初の日曜日という事で春の催しを至る所で見かけますが、

Point No.39のすぐ近くには目黒消防署があり、そこで庁舎開放を行っていたみたいです。

はしご車に乗る事が出来たり防火衣を着ることが出来るなど色々やっていましたが、

防火衣の上だけを着た子供は消防隊員と言うより、さながら長いマントを羽織った悪の組織でした笑

 

さてさて、今日はマントの様にひらひらした笠を付けた照明器具のご紹介ですが、

タイトルで分かる人は多いかもしれませんが、蓄音機のホーン部分を笠にして照明器具としています。

 

08011702_55bc7cfdace6f

 

1900年代前半は、音楽を聴くと言えばこの蓄音機が主流でした。

その役目を終えたこのホーンは笠として生まれ変わりましたが、

気づかない人がいてもおかしくない仕上りになっています。

 

08011702_55bc7d1c39d3c

 

ホーン縁のゴールドラインと真鍮の色が合わせたかのような組み合わせです。

器具として使用する為に取り付けた真鍮パーツですが、

通常の照明器具とは異なる吊るし方をしております。

 

08011702_55bc7d0fcdbfb

 

通常は丸カンと呼ばれる円状のパーツにチェーンを開閉して取り付けていますが、

こちらは笠の最上部にフックを付けて、チェーンに引掛るといった形をとっています。

 

取付方法や基本的な仕組みは他の物と同じですが、

フックになっている事によって、簡単に長さ調節をする事が出来ます。

テーブルの上などで、頻繁に長さを調節して明るさを調節するといった使い方も可能です。

 

08011702_55bc7d2386413

 

今回の照明の様におもしろいアイディアの照明がまた出てきましたら、

ご紹介させて頂きますが、こんな照明がほしい!これを照明として使いたい!など、

ご要望などございましたらお気軽にご相談ください。

 

Pendant Light *PL292

 

ではまた。

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店