contact login

Wood shelf Maintenance.       アンティーク家具・照明・ビンテージ自転車なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog >> Wood shelf Maintenance.      

Wood shelf Maintenance.      

 

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

 

2/16(Tue) 発売雑誌 【2nd(セカンド) 2016年4月号 Vol.109】にて紹介されました。

2/10(wed) 発売雑誌 【CLUEL homme vol.6】 P136にて紹介されました。

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

12151618_566fbeb40ba47

 

こんにちはサナシンです。

 

さて、本日はWood shelfのメンテナンスをご紹介致します。

こちらはグラつきや破損などはありませんでしたが

全体的に汚れていていましたので、クリーニングを行いました。

 

IMG_7323l

 

IMG_7316l

 

表面はクリーナーを使用して汚れやワックスなどを除去していきます。

ただ、クリーナなどを使用する場合は木材によってシミになってしまったり

クリーニングした箇所が変色してしまう事もありますので、まずは目立たない場所で

確認をしてから進めていきます。

 

変色してしまった場合は、再塗装になる可能性が高いので

注意が必要です。

 

写真 2016-02-27 19 55 41l

 

写真 2016-02-27 19 55 59l

 

クリーニング後は、仕上げになりますが物によって仕上げが異なりますので

本来の雰囲気を壊さず且つ見た目良く仕上げられるようにします。

 

今回は、元々全体的にツヤが無く所々のキズなどが

みすぼらしい感じになっていましたので、ツヤを出して傷などもそのままいかした

仕上げにしたかったのでワックス仕上げを選択しました。

 

全体的に、ツヤが出てキズ部分にもワックスが入り

高級感がありつつもビンテージの雰囲気が損なわれずに仕上がりました。

 

写真 2016-02-27 19 56 29l

 

Wood shelf*BX160

 

ワックスは、磨きによってツヤを調整出来ますので

少しだけツヤが欲しい場合は、少し磨き

かなりツヤを出したい場合は、何度かに分けて磨きをかけます。

ワックスのツヤは、ラッカー塗装やウレタン塗装のツヤ出しよりも

ナチュラルな仕上がりになりますのでビンテージ家具との相性がとてもいいです。

 

ただ、全てワックスで仕上げるのがいいのかという事ではなく

用途や場所によって適正な方法と仕上げがありますので

ご購入時は、ご相談下さい。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店