contact login

Lamp Guide | アンティーク・ビンテージ照明/家具/ライト/自転車/インテリア/ペンダントライト/シャンデリア/ランプ/真鍮/什器なら目黒の【Point No39】

Home >> Blog

家具のこれから。

**お知らせ**

・12/7(土)、12/8(日) Work shop & talk event「家具のこれから」詳細はこちら→「家具のこれから」
・Warehouse 一般公開中。※不定休の為、事前にご確認ください。⇒ マップ
・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。
PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 こんばんは、杉村です。

いつもは日曜の夜にブログを書くようにしているのですが、今日は土曜日にさせて頂きました。

 

明日、日曜日は「家具のこれから」というワークショップとトークショーのイベントに

登壇させて頂くので、告知させてください(^^)

 

point_no39_kagunokorekara

 

 

詳細は上のお知らせよりリンクで飛べますので、そちらをご覧頂ければ幸いです。

 

 

今日のワークショップの様子はこんな感じ、

 

point_no39_kagunokorekara

 

 

point_no39_kagunokorekara

 

これは木象嵌(もくぞうがん)のワークショップですが、

木象嵌って何?っていう方も多いと思いますので

さらりと画像でご説明。

 

point_no39_kagunokorekara

 

このように色や木目の異なる木の板を貼り合わせて造る装飾の事で

修復にも使われる技術。

 

point_no39_kagunokorekara

 

これらはZouganista 望月氏の作品。

 

point_no39_kagunokorekara

 

すごいの一言ですね。

 

修理や修復と言っても色々なニーズがあって

どのように直すのかは、実際のところ技術者とお客様の間で決まるもの。

 

私は明日、トークショーと照明製作のデモンストレーションを行わせて頂きますので

家具修復の手元を見て頂く事は出来ないのですが、

その道を極めんとする一流の技術者の方々がその手元を惜しみなく

披露しますので、これは同業者の我々にとっても本当に楽しみなんです(^^)

 

ワークショップもかなり興味深い内容だし、

トークショーは投げ銭方式(^^)

 

私もお店以外で照明を作る事などないので

果たして見応え的にどうなのか分かりませんが、

冷やかし歓迎です。是非お立ち寄りください。

「家具のこれから」

 

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

 

ブックシェルフメンテナンス

**お知らせ**

・Ware house 一般公開中。※不定休の為、事前にご確認ください。⇒ マップ

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

こんばんは!タカハシです

 

最近は家具のメンテナンスも増えてきて

嬉しい今日この頃。

照明の修理や、製作続きでお店の配置換え、家具の修理もなかなか手が回せずでした

 

もちろん照明製作も基本的に手を動かす作業が好きです

出来る事が増えるのはとても楽しい!

やってみての改善点なんかもありつつ、進めておりますので

考えて進めた結果上手く仕上がる時がいちばん嬉しいです

 

10081646_5253b840abddd

 

今日はブックシェルフのメンテナンス。

湿気などで背面の板が割れてしまっており、隙間で出来てしまっておりました

見栄えもよろしくないので

背面にベニヤを貼り、内側はパテ埋め。

 

写真 2019-10-19 17 15 30

なるべく木目状に…とパテの慣らし、

パテ埋めの削りは時間も力も使うので体力勝負なところがあるな、と感じています

 

残りはこれから色入れ。一生メンテナンス跡に気付かないくらいの塗装を!と

実は入社により一緒に過ごしてきた商品でしたので

思い入れは出てきますね…

 

それでは今日はこの辺で!

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

 

 

直して作る。

**お知らせ**

・Ware house 一般公開中。※不定休の為、事前にご確認ください。⇒ マップ

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

こんばんは、杉村です。

このところ、良い気分で週末を過ごしております(^^)

勝ちましたね~。サモア戦。

 

一昔前までは、とても勝てるなんて想像できない相手。

この勝利は色んな人の努力と労力の賜物なんでしょうね。

 

試合のたびに冷蔵庫の中のビールがキレイに無くなるんですけど、

それもまたラグビー観戦の楽しみのひとつ(^^)

 

次は来週。スコットランド戦です!

 

 

 

 

さて、このところ家具や照明の修理と製作に没頭しているので

自分の作業内容をまともに写真を残していないのですが

一部をご紹介。

 

これは古くて結構大きいガラスシェード(直径φ400mm)を吊れるような

照明器具本体を製作。店頭にて販売しています。

キングスライムのようで個人的には気に入っています。

 

oint_no39_repairandmake

 

そして、これはお客様からのご注文で製作した

デスクランプ。

製作といっても真鍮製のシェードを取付けただけなのですが

かなりかっこいいです。

 

oint_no39_repairandmake

 

 

 

そして、これもお客様からのご要望で。

 

レール用のスポットライトの様なペンダントライト。

プラグの色は白と黒から選べます。

 

oint_no39_repairandmake

 

 

ここから家具編。

 

少し前に納めさせて頂いたカップボード。

このボードをきれいに納める為に壁の幅を変更したとの事。。。

天板には大理石を乗せて高級感と落ち着きを

プラスしています。

 

oint_no39_repairandmake

イギリスパインを使ったカップボードですが、

全体的に塗布したワックスのツヤと

ベルジャンフォッシュルの天板がパインのもつカントリー風味から

ラグジュアリー風味に変貌させています。

 

 

 

あとは待機組。

少しずつ分解して、塗料を調色して、細かい部品の破損も直して、チェックしていく。

全体的な雰囲気は損ねないようにきれいにし過ぎないのが

Point No.39のメンテナンス。

 

どれもこれも仕上がると嬉しい反面、旅立ってしまうという寂しい気持ちも

あるんですよね。

 

oint_no39_repairandmake

 

しっかり可愛がってもらいなよ~。と毎度送り出します。

 

そして、

わたくし、結構たのしんでおります(^^)

 

それでは、また。。。

見えない修理。

**お知らせ**

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

・Point No.39はお盆期間も通常営業しております。(毎週水曜定休日)

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

 

こんばんは、杉村です。

だいぶ秋ですね。

日中はまだ暑いので店内はエアコンをガンガンに回していますが

ようやく落ち着いて散歩できる季節到来(^^)

 

カヌーに行きたいけど、車が壊れました。。。

先日のお盆渋滞で。。。

たぶん、ブレーキのABSモーターという部品っぽい。

ある程度自分で直そうかな。と早速部品を輸送中。

どうなる事やら(^^;)

 

さて、今日はスツールの修理です。

 

point_no39_repair_stool

 

見た目的には何も不具合なさそうに見えますが、

やることは結構あります。

 

クリーニング、グラ取り、破損個所の補修、色などなど。

 

このスツールは2つあるのですが、内1つの脚が無理やり治されていました。

これは外した図。

 

point_no39_repair_stool

 

真ん中の元々付いていた太いネジが折れたんですね。

周りをビス4~5本で無理やり固定しようとしています。

このままにするとお店の修理方法がコレ。という事にもなりかねないし、

見つけてしまったら気分的に落ち着かない。

 

なので、治します。

 

point_no39_repair_stool

まずは、折れこんだビスの中心にドリルで穴を開け、

 

point_no39_repair_stool

 

右側に見える「逆タップ」という工具を使って

ビスを抜く。

 

point_no39_repair_stool

 

出てきた、出てきた(^^)

 

point_no39_repair_stool

 

キレイに取れました!

 

こうなってしまえばこっちのモノ。

 

完成図はこうなります↓↓↓↓

 

 

point_no39_repair_stool

 

無事完成!

 

あとはボタンが無いところをどうするか。

こういう場合は、ボタンを作ります。それはまた次回。

 

point_no39_repair_stool

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

ふるいものの修復。

**お知らせ**

・Point No.39 のウェアハウス 「ASTON GARRET ROOM」Webショップ通常営業しております。

・Point No.39はお盆期間も通常営業しております。(毎週水曜定休日)

・Point No.39に併設しておりますSUNAO COFFEEは 8/7(水)~8/15(木) 夏季休業となります。

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

 

こんばんは、杉村です。

今年のお盆休みは長かったですね。なぜか自分もつられて休みボケしております(^^;)

明日からは法人のお客様も日常に戻りますからね。

ここからは怒涛の製作&納品祭り。。。

 

嬉しい悲鳴です(^^)

 

さて、今日は椅子の修復作業の様子を。

 

point_no39_chair_repair

 

このスクールチェア、成型合板で作られているので

古い物だと座面や背もたれが波打ったり、はがれたり。

 

point_no39_chair_repair

 

他にも何か所か修復された跡があって、なかなか愛着がわく

1脚なのですが、座面前面中央に剥がれが。。。

 

同じような板を持ってきて接着&研磨作業。

削り終わった物が下の画像。

 

メンテナンス全体画像

point_no39_chair_repair

 

ぱっと見は分からないんですけど、よく見ると分かりますね。

もちろん座面自体を新しく交換する。とか

表面の合板一枚を交換する。なども可能ですが、

基本的にPoint No.39の修復は、「古い物の雰囲気」を残す事にしています。

 

ビンテージならではの独特な塗料のハゲ、修復痕、キズ。

残していい所とダメな物の境界は難しいですが、そこは

古い物と長らく付き合ってきた弊社スタッフの裁量により、

より良い品へと仕上がります(^^)

 

最終的に表面に塗料やワックスを塗布して、

こんな表情に生まれ変わります。

 

point_no39_chair_repair

point_no39_chair_repair

 

これにて完成。

 

今回もいいもの残せました(^^)

 

それでは、また。。。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具と照明、ヴィンテージ自転車のお店

Lighting

Furniture Page

Bicycle Page

 

 

 

display cabinet をいじる。

ASTON GARRET ROOM MOVING SALE開催中!!

 ※Web上ではセール価格が表示されておりません。気になる商品はいち早くお問合せ下さい!

PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ
・Point No.39内のSUNAO COFFEEは、3/1から11:00~17:00の営業時間となります。

こんばんは、杉村です。

 

いい天気の一日だったのに、急な通り雨に降られ

軒先で作業をしていた私は慌てふためいておりました。。。

 

さて、今日は先日納品が終わったキャビネットの改造をしたので

ご紹介させて頂きます。

 

品物はこれ。Display cabinet 。

aston_garret_room_cabinet

 

幅125cm、奥行75cmという、ジュエリーとか腕時計とかのお店には持ってこいの

サイズ感。

ただ、中身を照らす照明が蛍光灯という若干残念な感じ。

 

aston_garret_room_cabinet

 

しかも、海外製の蛍光管を使用しているので

交換するにも高価。。。

 

というわけで、普通の電球が付けられるようにしました。

もちろんLED電球もOKです。

 

点灯!

 

aston_garret_room_cabinet

 

消灯!

aston_garret_room_cabinet

ちょっと分かりづらい??

これならどうですか?

 

よいしょっ。

 

aston_garret_room_cabinet

 

手元にもトグルスイッチを。

 

aston_garret_room_cabinet

 

aston_garret_room_cabinet

 

納品には立ち会えなかったのですが、お客様が喜んで頂いた様子の

話をきいて嬉しくなりました。

裏方はこういう話を聞くのが好きなんですよ(^^)

 

写真 2019-05-07 19 08 49l

 

このところ、製作やカスタム作業が集中しており

お待たせしてしまっているお客様、本当に申し訳ございません。。。

無茶苦茶早いスピードでこなしておりますので、やさしいお気持ちでお待ちいただけますと

幸いです。

 

それでは、また。。。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

vintage home center.

こんばんは、杉村です。

東京は桜がひと段落して葉桜に装いを変えています。

新緑の季節は気持ちがいいですね。

 

写真 2019-04-14 9 49 00

 

今日は姉妹店の「ASTON GARRET ROOM(アストンギャレットルーム)」に一日中いたので、

少し店舗のご紹介させてください(^^)

 

以前お話しさせて頂いたようにテーマはイギリスの「移動遊園地」。

ですが、

写真 2019-04-14 19 57 35

 

実際は何を売っているの?と思われる方も

多いかと。。。

 

売っているものはインテリアの家具全般と装飾用の置物などが多く、

お店に入ってまず目に入ってくるのは、家具の補修用部品や工具、キッチンツールなどの

意外と探すと見つけ辛い雑貨たち。

 

写真 2019-04-14 19 56 29

 

写真 2019-04-14 19 56 38

 

写真 2019-04-14 19 57 52

 

ビンテージの商品を扱うホームセンターみたいなお店になると面白いかな。と思い

1階部分は小物を敷き詰めています。

 

写真 2019-04-14 19 56 12

↑これは1970年代イギリスの風景が移ったフィルム。

 

スタッフとしてお店に立っている側なのに

結構気持ちが上がってしまう。そんなお店です。(^^)

 

今はアメリカも混ざり、店内は独特な雰囲気に包まれていて面白いので

是非お立ち寄りください。

 

さて、今日はスタッフ皆で勉強会。

人生ずっと勉強です。それでは、また!

 

 

 

 

ツヤを出す。

<お知らせ>
PayPay決済 ご利用頂けます。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

・Point No.39内のSUNAO COFFEEは、本日から11:00~17:00の営業時間となります。

 

s写真 2019-03-02 14 06 08

 

こんにちはサナシンです。

 

木製のビンテージ品は長い間ケアをされずに

時が経ってしまった物が多く、表面に艶などがなくさびしい表情をしています。

そういった物を甦らすには様々な方法がありますが、なるべく雰囲気を変えたくない場合は

ワックス仕上げがおすすめです。

 

s写真 2019-03-02 14 06 13

 

s写真 2019-03-02 14 06 23

 

ワックス仕上げは、色々ある種類や色を選んで塗り込み磨いて仕上げる

非常に簡単な方法です。

ただし、日常的に行う場合とメンテナンスとして行う場合とでは

少し違ってきます。

 

汚れている状態でワックスを塗り込んでも表面が綺麗になるだけですので

しっかりと仕上げるには、まずはクリーニングが必須です。

 

表面をクリーニングする事で、木材にしっかりと塗り込む事が出来

磨きを行うと自然な艶で仕上がります。

 

s写真 2019-03-02 15 22 57

 

s写真 2019-03-02 15 23 04

 

s写真 2019-03-02 15 23 12

 

仕上げ後です。

照明の光が反射するほど、自然な艶を出しています。

 

塗装方法は色々ありますが、まずは愛着をもって塗っては磨き

塗っては磨きを繰り返してあげてください。

そのうえで、もっとしっかりと保護したいなどのご要望がありましたら

お気軽にご相談ください。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

 

アイアン家具のお手入れ

<お知らせ>
PayPay決済 開始しました。
・Point No.39、Point No.38、Chambre de nimes BROCANTE 3店舗は水曜定休となります。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

 

写真 2019-02-02 15 29 18l

 

こんにちはサナシンです。

 

ビンテージ家具は基本的にピカピカの状態の物はありませんので

木製の場合は、塗装が剥がれていたり素地が出ている物もあり

アイアン製の物も錆が出ていたり汚れで素材本来の輝きが無いも多いです。

 

本日は、アイアン製の家具の簡単に出来るクリーニング方法をご紹介致します。

 

まず、最初の画像は何もしていない状態でそのままでも個人的には

好みですが、せっかくなのでキレイにしていきます。

 

写真 2019-02-02 15 29 24l

写真 2019-02-02 15 31 51l

 

所々錆があり手で触れたり衣類がふれると色が移ってしまいますので

まずは、潤滑剤とスチールウールを使用して表面の錆と汚れを

除去していきます。

潤滑剤というとKURE5-56が思い浮かぶ方も多いと思いますが

じつは、錆付いている部分の動きを滑らかにするだけではなく防錆の効果に加えて

錆びを落とす効果もある為、スチールウールと合わせて使用するのがおススメです。

ちなみにスチールウールは#0000をご使用ください。

番手が荒いと、素材にキズが付きます。

 

写真 2019-02-02 15 47 57l

 

分かり難いですが、右半分がクリーニングしてあります。

良く見てみると汚れによる曇りが無くなっています。

 

写真 2019-02-02 15 48 12l

 

錆び部分も、手で触れても汚れが付かなくなっています。

スチールウールを使用する事で、錆の凹凸を無くして赤錆を削っています。

 

写真 2019-02-02 15 47 52l

 

この仕上げだけで問題クリーニングは完了しても良いですが

最後にアイアン本来の輝きを戻してあげましょう。

 

写真 2019-02-02 15 57 09l

 

ここまで仕上がるとビフォー、アフターが分かり易いです。

ただ、サイズが大きくなればなるほどこの工程での作業は

大変ですが、特別な工具や場所を選ばずにできます。

 

写真 2019-02-02 17 23 27l

 

仕上げは、蜜蝋仕上げと呼ばれその名の通り蜜蝋を塗り込んで

仕上げていきます。

ちゃんとした形で行う場合は、蜜蝋を溶かして刷毛などで塗り込むやり方ですが

ビーズワックスでも代用可能です。

ただし、色が入っている物を使用するとアイアンには入り込まずに

残ってしまう為、必ずクリアのみをご使用ください。

 

最後に、蜜蝋は熱に弱い為温度が高くなる物や温度の高い場所で使用する物に使うと

溶けてしまいベタベタになる可能性が高いのでご注意ください。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page

ストレス解消法。

 <お知らせ>
PayPay決済 開始しました。
・Point No.39、Point No.38、Chambre de nimes BROCANTE 3店舗は水曜定休となります。
自転車店頭在庫に関してのお知らせ
・「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ

 

こんばんは、杉村です。

寒暖差が激しい毎日ですが、体調を崩されていませんか?

私は至って元気なのですが、最近やたらと腹が減る。。。

 

Point No.39の男性陣、ぽっちゃりしております。

 

 

さて、今日は家具の修復。

 

引き出しの角が割れてしまい、継いで補修します。

point_no39_furniture_repair

 

まずは木目を合わせて選んだ角材を圧着。

point_no39_furniture_repair

 

このままだと補修になっていないので、ここから成形していきます。

なかなか神経を使うんですが、ここからが楽しいところ。

 

point_no39_furniture_repair

 

私は細かい事をちょこちょこやる事が全く苦ではなく、むしろ好きな方。

こういった作業は大好物(^^)

 

サンドペーパーで削りながら形を整えて、完成を想像しながら進めます!

 

point_no39_furniture_repair

さあ、整いました!

 

下色をいれて

 

point_no39_furniture_repair

 

完成間近。ですが、下色間違えたかも。。。

濃すぎた気がするので、

すごろくで言う、「3コマ戻る」状態。

色を剥がしてもう一度やり直しです(- -;)

 

 

じれったくてイライラしそうですが、

イライラしている時こそ、木工や自転車の整備に没頭する。それが

いいんです(^^)

 

スポーツもそうですが、何かに没頭するという事は

大事ですよね。ストレス解消に木工。おすすめです。

 

それではまた。

SNSにてイベントの情報や写真などを随時アップしています。

【facebook】

【Instagram】

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

Furniture Page

Bicycle Page